ヨガとティラピスの違い

ヨガとティラピスの違い

ヨガとティラピスの違い

ヨガとティラピス、どちらも、骨盤を矯正する力があったり、呼吸法によって体を整える、ということで、同じようなもの、という捉え方をされる方が非常に多くなっています。

実際、全く知らない人であれば、同じでしょ、と思ってしまいますよね。結果的に、体の柔軟性を高め、新陳代謝をあげ、体の調子を整える、ということに変わりはありませんから。

ですが、ヨガとティラピスは、全く違うものなのですよ。例えば、呼吸について、説明しておきましょう。ヨガの場合は、腹式呼吸、つまりおなかを大きく膨らませる、おなかを使った呼吸法です。ですが、ティラピスの場合は、胸式呼吸。胸、肺を大きく膨らませる、という呼吸法になります。

ティラピスの場合は、おなかに力を入れて、腹筋を常に意識して、というエクササイズになります。腹筋を常に意識しているということで、胸で呼吸する、ということになるのですよね。

また、ティラピスのポーズというのは、一連の流れになっています。ゆったりですが、流れに沿ってからだが動いていますね。でも、ヨガの場合には、「静止」ということが非常に大切なことになります。

運動的な言い方をすると、ヨガは関節や筋をきっちり伸ばすストレッチ要素の強いエクササイズ、ティラピスは、筋肉を常に意識して行う、トレーニング的要素の強いエクササイズ、ということになります。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional