ヨガの本格的なもの

ヨガの本格的なもの

ヨガの本格的なもの

本格的なヨガ、というものは、流派、のようなものがあります。大きく分けると、行為の道、親愛の道、千恵の道、と言うものがある、といわれています。

総合的には、悟りを開く、修行と言った意味合いの強いものとなりますが、流派によって道が分かれているようです。ヨガの代表的な流派、というものを、ちょっとご紹介しておきますね。

ハタ・ヨーガ、生理的なヨーガ、と言うものの流派になるようです。陰と陽を深く意味し、体を小宇宙、と言う捉え方をします。密教的な意味合いの強いヨガで、心理的ヨガであるラージャ・ヨーガの基盤となるものだそうです。

ラージャ・ヨーガは、ハタ・ヨーガを基盤としたもので悟りを開く、と言うものになるようです。真理的要素の強いヨガとなります。またジャニョーナ・ヨーガは、哲学的な意味合いの強いヨガです。問いとして、「私は何者か?」という突き詰める問題があるヨガです。

バクティ・ヨーガは、信仰、帰依という意味のヨガです。宗教的要素が強く、神様に対しての絶対的信頼感を強く持ったヨガです。寺院、施設といった場所で奉仕などを修行としたり、聖地をめぐったりするヨガということです。

より呪法的要素の強いマントラヨーガ。短い祈りの言葉を繰り返し唱える、それによって、大いなる存在と一体的になる、というものです。こういったヨガが広まりを見せた年代が日本にもありました。それによって、ヨガ、というものが、一時期嫌われてしまった、ということもあります。

精神を鍛える、修行を行う、ということは素晴らしいことなのですが、それが、より宗教色濃くなっていくと、煙たがられてしまう、ということですね。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional