ヨガベルト

ヨガベルト

ヨガベルト

ヨガベルト

ヨガを始めたばかり頃、足をひじで支えたいけどカラダの柔軟性がなくて組めない!!とか背中で両手が組めない、というポーズが未完成になってしまう、という悩みを持っていました。

元からカラダのやわらかい人には、こういった悩みはあまりないと思いますが、体がロボットのように堅い(長座ですわるのに、手で支えが必要だった私)という私のような人にとっては、ヨガのポーズは苦難の連続でした。

でも、ヨガのポーズを楽にするためにグッズがある、ということを知ってから、補佐的にこの道具を使うことで、よりポーズが楽になり、出来なかったポーズも、「出来たような感じ」というところまで持っていくことが出来るようになったのですよ。

それが、ヨガベルト。やわらかさが足らない、ということで組めないポーズのときに、このヨガベルトを使います。前屈姿勢で両足の先を持ち、背筋を伸ばす、つまり長座の前屈姿勢ですね。

この場合にも、体が硬いと、つま先なんても持てるわけないでしょ!!という状態になりますから、そんなときに、ヨガベルトを足に引っ掛けて、ヨガベルトをつかんで少し引っ張ると、背筋がぐっと伸びた間隔、というものをつかめるのですよ。

最初から、満足なポーズが出来る、という人は、ほんの一握り。最初はあっちへ転がりこっちへ転がり、静止するのが本当に大苦戦!という人ばかりのはずです。ヨガベルトがあることで、無理なくヨガのポーズに近くすることが出来ますから、初心者がもっていると、便利なグッズといえそうですね。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional